研ぎ師光三郎の紹介

最近、外国人のお客様が珍しくなくなりつつあります。ネット販売でも、ちょこちょこ海外より注文をいただきますし、店頭での研ぎの場合でも、外国人がもって来てくれて、顔なじみもできてきました。上手く会話ができないのが歯がゆいばかりです。スピードラーニングをやろうかなとも考えています。改めて、外国人に内を伝えたいかを考えてみました。グーグル翻訳で作成しましたので、おかしなところも多いと思います。ごしてきいただけますと幸いです。

 

私は包丁の研ぎ師です。
光三郎と言います。
包丁を研ぐのが仕事です。
この仕事は20年になります。
日本でも、包丁が切れなくて困っている人がたくさんいます。
そんな困りごとを解決したく、この仕事をはじめました。
包丁は研げば、驚くような切れ味が蘇ります。
驚きと感動を伝えたいのです。

1本当たり10分程度で仕上がります。
料金は種類と長さで違います。
家庭用包丁は600円からです。

このスーパーには年に3回来ます。どこかのスーパーで営業しています。
予定はHPの活動予定を見てください。

 

I am a sharpener in kitchen knife.
It is called Mitusaburo.
It is work to sharpen knives.
This job has been going for 20 years.
There are many people in Japan who are in need of kitchen knife trouble.
I wanted to solve such problems and started this work.
Grinding knives will revive surprising sharpness.
I want to convey surprise and excitement.

It will be finished in about 10 minutes per one.
The price is different in kind and length.
Home kitchen knife is from 600 yen.

I come to this supermarket three times a year. I am operating at a supermarket somewhere.
Please see the schedule of HP's activity schedule.